病原菌とは

歯性上顎洞炎は口の中の病原菌がそもそもの原因で引き起こされます蓄膿症と同じような症状をもたらしますがインフルエンザなどの病原菌が原因となって発症するものよりその症状がしつこくつきまとうのが特徴ですおびただしい生み出される膿のにおいは強烈でこれが患者を悩ませる原因の1つです歯性上顎洞炎になると膿が多く出るのは増殖した病原菌が歯根を侵して上顎洞にまで達してそこで増殖するからです病原菌を退治するのに白血球が働きますが死滅した病原菌とそれと戦って倒れた白血球がつぎつぎと膿に変化してきますまた歯根と上顎洞との間はわずか数ミリで患部で発生した膿があっというまに上顎洞にたまりそれが原因で上顎洞の粘膜が厚く大きくなりますさらに鼻腔まで炎症が広がり鼻の通りが悪く呼吸困難や鈍重感が発生します通販で飲みますか体にいい青汁サプリ
原因になっている歯を抜歯して消炎酵素剤と抗菌剤を投与して症状の回復に努めて半年経過しても右の上顎洞炎の粘膜は会い変わらず肥大したままで粘膜の除去を勧められましたが鼻つまりや鈍重があっても現状のままで手術はいやでそのためなたまめ茶を飲むことで症状が改善することを期待したのですお茶を飲む時期や量は決めず好きなとき好きなだけ飲むようになりましたなたまめ独特の香ばしさで1日1リットル飲みましたそれから半年後あれほどひどかった鼻の通リが良くなり頭の重石がとれたようになりました